世捨て人の住む廃砦

統合失調症の筆者がそれなりの生き方を模索するブログ。

某社で実習を受けてきた

先日、一般事務のパートの面接を受けた某社から、電話で、一次面接が通ったので、実習に来るようにと連絡が来た。

 

某社は、知名度の高い大企業だ。そのような会社が、私のようなFランク大学卒で、職歴が少しのバイトしか無い、へっぽこな経歴の人間を実習に呼んでくれたのである。私にはありがたいのだが、会社側の思惑はいかがなものだっただろうか。

 

余談だが、面接を受けた時間は一時間ほどだった。これだけの長い時間の面接を受けたのは、人生で2回目である。今思うと、企業も本気で採用する予定があるのだろうと思った。

 


で、実習に行ってきて終わったわけだけども。
守秘義務があり、実習の細部は書けないので感想のみで。

 


企業で事務的な業務を行うのは初めてだったので、とてもいい経験になった。

 

大学時代の私なら、実習が怖かっただろう(この当時は、まだ症状が安定せずに色々なものが怖かった)。しかし、現在は平然と実習期間を終えることができた。緊張はしたけどね。

 

これまで、デイケアから始めて、B型作業所、就労移行支援と経由してきた経験によって、自分の成長ができたのではないかと思う。

 

これまでそれぞれの施設でやってきたことが、実習で活かせたと思った。普段からの立ち居振る舞いも、重要なのだと感じた。

 

あとは、必要があって文章を書いたのだが、ブログを長年やっているおかげか、書くのは苦ではなかった。何でもやっておくと、役に立つものだと思った。

 

まだ今後の結果はわからないのだが、もし、この某社の選考に落ちても、大企業で一度でも実習を受けさせていただけた、ということは自信につながるかもしれない。