世捨て人の住む廃砦

統合失調症でぼっちである筆者のそれなりの生き方を模索するブログ。

好きなことは仕事にするなと言う人

就職に関しては色々な言葉が飛び交っている。

 

例えば好きなことは仕事にするなと言う人がいる。

 

しかし、そういう言葉に惑わされなかった人が、自分が好きなことに関わる職業に就いているのだろうな。

 

○○をするな、という言説は、一理ある様な感じに見えるけど、結局は、誰がどういう職に就くかなんて、他人がどうこう言うことじゃない。

 

自分のポテンシャルと、選択に自由がある限り、自由に決めて良いのだと思う。
…まあ、新卒以外は選択の自由に関しては、難しいかもしれないけど。よほど自分の能力がある方以外は。

 


以下余談。

 

私としては、好きだったり、自分に向いてそうなものから職業を選びたい。
今のところは事務的作業なら向いているかもしれないと思っている。


ただ問題なのは、現在の障害者雇用の状況だと、事務はフルタイムか、週30時間以上のバイトがほとんどを占めているのだという。(就労移行支援の職員の話によれば)

 

これがネックで、私(というか家族の意向)としては、週20時間から始めたいと思っているのだが、そうした雇用はごくわずかなようである。

 

もうそろそろだと思うけど、いつだったか、ある程度の従業員数がいる企業は、一定数の精神障害者を雇わなければいけないようになる。
その状況で、フルタイムのバイトで働かせるような、精神障害者の使い方がわかっていない企業ばかりが存在するとなると、今は状況が悪いのかもしれないな。

 

しかし、フルタイムでバイトできるなら普通は正社員を狙うよね。
フルタイムでバイトなんて、バイトでの雇用の良さを殺してる。
雇う人数を少なく、病状が軽い人を雇い、お手軽に済ませたいという雇用側の怠惰さが垣間見えるのは気のせいか?

 

それとも事務職を募集する会社は、障害者の体調に理解がないところが多いのかなあ。
身体の人を雇いたいと思ってるとか…

 

国は会社に精神障害者を雇えと言うけど、まだまだ対応が追いついてないのが現状だな。