世捨て人の住む廃砦

統合失調症でぼっちである筆者のそれなりの生き方を模索するブログ。

VANSの靴が歩きづらい件について

昨日、靴屋でVANSの靴を買った。今日早速履いて外出した。しかし、家から出て5分も経たずに何もない所でつまづく。

これは前に買ったVANSの靴もそうだった。これではいつコケるかわかったものではない。それに気付いてからは注意深くゆっくりと歩くように心がけた。この様子ではこの靴では走れないなと思った。

私がここの所ずっと履いていた靴は、おそらくジョギングなどの運動用の靴なので、そうしたことは一切無い。
靴屋の店員には、このVANSの靴は、普段使い用の靴で、私が店に履いていった靴よりは運動性が劣ると言われた。
それが実証されたといえるだろう。

今日、このVANSの靴を履いて思ったけど、もう、かっこいい靴をはくのを諦めようかと思った。
なにもない所で躓いたり、走れない靴とか、地震や火事などの有事の際にどうするんだよ。

かっこよさと機能性は両立できないものなのかな。

 

なんにせよ、見た目より機能性を重視せざるを得ないかもしれないと思った。