世捨て人の住む廃砦

ぼっちで統合失調症の筆者がそれなりの生き方を模索するブログ。

苦手な電話応対を試すか

私は以前の記事に、仕事で電話応対をしたくないと書いた。
しかし、逆の発想で、電話応対さえできれば行ける所が増えるんじゃないかと考えた。

私の行っている就労移行支援では、メンバーが電話に出ることが推奨されている。

就労移行支援の電話に出るとなると、就労移行支援として電話にでるので気持ちを切り替えなくてはならない。それを忘れて素で出てしまわないか心配ではある。
大概は職員に電話を回すことになるので、職員が今どこにいるか、何をしているかなど、把握しなくてはいけないだろう。
電話の操作も、2つあるうちのどれを取ればいいか、保留ボタンはどこかなど、事前に把握しないといけない。

そう思うと、ちょっと大変だが、なるべく出られるように頑張ってみようかな。