世捨て人の住む廃砦

ぼっちで統合失調症の筆者がそれなりの生き方を模索するブログ。

就労移行支援も結構暇だなと

私が通っている就労移行支援では、午前は事務作業をやっているのだけれど(その内週1は午後もやる)、これが結構暇だ。
作業は、PCを使ったポスター作成、掃除、封入作業、シュレッダーかけ、メモ紙作成、予定表作成などなど…
作業内容は面白くはない。
PCを使った作業は慣れているので楽にできて良いのだが(ワードとエクセル、アクセスしか使わないのだ)、それ以外はいかにも雑用であり退屈である。
退屈なので、やる気が維持できず5月上旬は週2日程度の通所となった。


最近の面談でそこを突かれたのでこの2週間は定例通りに出た。
やる気が落ちても実績作りのために粛々と通うしかないな。
なんか作業所よりはマシだけど、心理的にはやる気がなくなってきているというか、作業所時代と近い状況になってきているかもしれない。
でもこの就労移行支援は、スタッフが親切なのと、B型作業所よりは作業時間が短く身体的に楽なのがいいところかな。


先月にひいた風邪で体力がガタ落ちなので、体力をどうにかしないといけないのだが、趣味に集中してしまうとつい外に出ない生活になってしまいがちだ。
体力を向上しないと、就労移行支援から出ることもできないだろう。

体力向上を中心として生活していかないと、就労移行支援の利用期間である、あと一年と8ヶ月程度、ずっと居座ることになってしまうかもしれない。
早めに就職して卒業するためには体力の向上が不可欠だろう。


あとは就職するための能力の問題だ。
就労移行支援に通うだけでは、能力はほとんどつかないと思われる。
求人をチェックして必要そうなものを習得していく流れにしていかないと、厳しいかもしれない。


とりあえず、MOSのワード2013の一般レベルだけでも取れるようにしたい。
私が持っているのはFOM出版のワード2013基礎とドリルだけなので、応用とMOS対策の本を買っていなかった。資料代がかかるなあ…受験にも一万くらいかかるんだっけか。