世捨て人の住む廃砦

ぼっちで統合失調症の筆者がそれなりの生き方を模索するブログ。

就労移行支援でのPCの自習時間の過ごし方に関して (2)

先日、午後のPCの自習時間に参加した。
Office2013が入ったPCを使おうとしたら、別のプログラムで使うとのこと。
しかたがないのでOffice2010の入ったPCを使っていた別の方から譲ってもらった。
2010だと、参考書が本棚にあったので、それを使ってWord2010の練習してみた。
自宅にあるのは2013だが、少し参考になればいいなと。

参考書は半分くらいはPCの基本操作についての説明だったので、そこは抜かして、私が知らない操作方法だけを練習したら、その時間内に参考書は終わってしまった。
まあ本当に基本的な所しか書いてないからだろう。

今度はExcel2010の参考書を見てやってみようと思う。
こっちは画像(就労移行支援のPCの中には画像は何も無いしオフラインが基本である)とかもほぼ必要ないだろうから、少しは時間つぶしになるだろう。


そして今日の午前中もPCの自習時間だったので、職員にいくつか聞いた。

就労移行支援にある自分用のUSBメモリに、参考書に付属されている資料を入れて練習してもいいか→OK
全く別のことをやっていてもいいか→他の人の迷惑にならないようにするならOK

とのことであった。
Office2013や2010が使えない時は、英語の勉強でもしていよう。英語の参考書は電子書籍版を持っているので、iPod touchを見ながら勉強できる。電子辞書もあるので、調べるのには問題がない。最終的にはネットで検索してもいい。

今日はとりあえず、先に挙げた、Excel2010の参考書を進めた。さすがに最後までとはいかなかったが、半分くらいは終わった。


普段世話焼きな利用者の方が、MOSに興味あるとか職員に言っていたのを聞いたので、色々言っておいた。
その方が出して使っていたPCがキングオフィスがインストールされたのものだったので、資格を取りたいならキングオフィスじゃないほうがいいですよと言っておいた。
それで、空いていたOffice2013のPCが一番新しいですと言っておいた。
その方は2013のPCを出して起動した。
職員にExcelから資格を取ったほうがいいと言われていたので、Excel2003の参考書を見ていた。
しかし、参考書を見てはいるが、一向に入力するなどの動きがないので大丈夫ですかと聞いてしまった。
それからどうしたかは記憶に無いけども、ちょっと心配になった。

私の見ていたExcel2010の参考書はかなり簡単で、使えそうだと思ったので、もし困っていたらそれを勧めようかと思う。今日は私が使っていたので見せられなかったが。2010のだけど、2003よりはマシではなかろうか。

でも私としては、あまりPCに慣れていない人は、Wordから始めたほうがいいんじゃないかなと思った。Excelと比べればまだ簡単だから。


一応この時間には先生が来ているようだが(3回くらいはこの自習時間に出たのだが、今日存在に気づいた)、他の人への受け答えを聞いている限り、あまり参考にならなさそうな先生だった。聞けば答えるけど、積極的に教えるという感じではない。答え方もコミュ障っぽいというか…わかりづらいというか。


件のタブレットはヨドバシで見たけど、私が目をつけていた、NECの、型番「PC-TW710CBS」というものは、PC版のOfficeは動くかどうかわからなかった。

OfficeのPC版のシステム要件(動作条件)を調べたら、このタブレットのCPUには対応していないっぽい。
システム要件(動作条件)に「CPU : SSE2 対応の 1 GHz プロセッサ」というのがあって、CPUがそれに対応していないのでおそらく動かないのではないだろうか。

NECのサポートに電話したら、やはりCPUの問題で動かないのではという返答を頂いた。動作検証もしていないらしい。
ううむ、それでは買う意味が無いので、この機種は諦めよう。
PC版のOfficeが使えないのでは、お絵かき(筆圧感知が2048段階らしい)か、ゲーム機としか使えなくなってしまう。


PC版のOfficeを使いたければせめてノートPCでなくてはいけないようだ。そこまでお金をかけるのは辛いので、Officeは基本的には家に帰ってから自室でやるしかないだろう。