読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世捨て人の住む廃砦

統合失調症でぼっちである筆者のそれなりの生き方を模索するブログ。

声の音量が出ない

作業所
最近、作業所でちょっとした面談があった。
面談を担当した職員は、耳が聞こえづらく、補聴器をつけているとのことだった。
なので、普段よりも大きい声ではっきりと言う必要があったのだが…
私はいつもはかなり声が小さいので、いつもよりテンションを上げないと声が出ず、それを維持するのが結構きつかった。途中途中失敗して聞き返されたり。
私は普段どんだけテンションが低いんだ?
自分のあまりにも低いテンションを実感した。

気づいたけど、声を出すと若干テンションが上がるので、テンションを上げたいときは声を出すといいのかもしれないな。

私は低空飛行・中庸のテンションで満足しているけれど、声を出すには今よりもテンションを上げる必要があるのかもしれない。