世捨て人の住む廃砦

統合失調症でぼっちである筆者のそれなりの生き方を模索するブログ。

一部の本を処分した

何年ぶりかに本棚の整理をした。
読まないであろうと思われる漫画を思い切って処分した。
私は基本的に物は捨てないタイプであるが…
一冊の本を処分するだけで、かなりのスペースを得ることができるということに気付いてからは、処分するのもいいかな、と思った。
面白い漫画を処分するのは気が引けたが、それ以上に場所がないのも事実なので思い切った。
処分のかいあって、今まで無理して置いていた本が棚に収まった。
スペースが空いたんじゃなくて、収まったというのが悲しいところだけど。
現状だとこれ以上は処分したくないなと。
しかし、絶対に捨てたくないものもある。
子供の頃に読んだ小説だ。
これは、ものすごくハマったものもあり、思い出深いので捨てることはない。
読むことはもうほとんどないだろうけど、それでも捨てることはできない。
なので、棚のそのコーナーはずっと専有することになる。
それはともかく、大体棚がすっきりとできたのでよかった。