読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世捨て人の住む廃砦

統合失調症でぼっちである筆者のそれなりの生き方を模索するブログ。

リーダーをやりたがる人は苦手だ

私にとって、就労移行支援の居心地が悪くなってきている。

他の利用者に苦手な人がいる。
その人はなにか皆が行動するときは必ず音頭をとったりしている。
私はどうにもリーダーをやりたがるタイプの人は苦手である。
この方の場合、やる気があるのはわかるし、表面上は親切で、社会人経験があるせいか話し方が丁寧ではある。
行動の音頭を取る人も必要なのだが鬱陶しくも思う。
悪い人ではないと思うが、私とは相性が悪いんだろう。
たぶん就職まで最短で行きたいと思ってるのか、就労移行支援に毎日来てそうなんだよね。私がちょっと疲れる。

新しく通うことになった人がいるのだが、話しているのを見た限りでは、その人はそのリーダーをやりたがる人と相性が良さそうだったので、私とは相性が合わないだろう。数少ない同性メンバーにもかかわらず、話したりしたこともないから、向こうもきっと合わないタイプだと思っているのだろう。
ちなみに、そのリーダーをやりたがるタイプの人は、よく喋るようであるが、私にはプログラムの時以外は話さない。向こうも合わなさを察知しているのかもしれない。

メンバーの誰にも優しい方はいたんだけど就職して出て行ってしまった。今のメンバーは合わなさそうな人や私に無関心な人が多く、どうにも居心地が悪くてかなわないな。

なんか、ここ10年位は行く先々で合わない人とばかり出会っているような気がする。
デイケアでも合わない奴らばかりだったし。

人同士の相性は本人の性格が合うかどうかが問題で、趣味とか共通点ではないなと思う。少なくとも私にとってはそうだ。
そのリーダーをやりたがる人と私は共通点はあるのだが、だからといってそれについて話したりしたいタイプではない。

この就労移行支援には、益々事務的に通うことになりそうである。