世捨て人の住む廃砦

統合失調症でぼっちである筆者のそれなりの生き方を模索するブログ。

ぼっちとMiitomo

任天堂スマートフォン用アプリのMiitomoを先日リリースした。
Miitomoのことをよく知らないまま事前登録をしておいたので、配信日にDLしてiPod touch 5にインストールしてみた。

Miitomoの内容は、Miitomoで使う専用のMiiを作って、そのMiiに質問されたことに答えたり、他の人の答えを見たり、それにいいね(?)やコメントをつけたり…といったコミュニケーションツールですな。

これはぼっちだとまるで意味を成さないツールなので、一人もフレンドになってくれる人がいない場合はやらないほうがいいかもしれない。
自分で質問に答えても、見てくれる人がいなければ無意味だろう。

私はTwitter経由でフレンド登録をしてくれる方々がいたので助かった。相互フォローになっている方々はゲーム系なのでフレンドに入れてくれたようだ。リアルではぼっちだから下手をすれば一人きりだもんね。

Miitomoは色々な人の考えが聞けて面白いけど、疲れそうではある。色々な方々が質問に沢山答えているので、見るのは結構大変である。
フレンド10数人の現状でもエンドレスで質問の答えが出てくるので、あまり人の話を見すぎないほうがいいかもしれない。

Twitterでしか付き合いのないある方に、私についてMiiが何か聞いたらしく、その答えが「自分の価値観を持っている」といった旨のことが書いてあって驚いたりした。Twitterのコメントを見ていてわかるのかな?色々とすごいと思った。
私はTwitterの方々について聞かれても、ほとんどわからないぞw

ある人も言っていたけど、1週間後にもMiitomoを使い続けるか…といったら微妙なところだな。
他の方々のコメントを見るのは疲れるので、楽しいと思える範囲内で使い続けることができるか、というとわからない。