世捨て人の住む廃砦

統合失調症でぼっちである筆者のそれなりの生き方を模索するブログ。

うつ病に関するクソ記事を発見した

「新型うつ」を語るタダ乗り社員を探し出せ!
職場を悩ませる“なりすまし”の実態と対処法
――処方箋⑪「安易なうつ認定」は本人と周囲を苦しめるだけ
http://diamond.jp/articles/-/27098
なりすましうつとかいう言葉が出てきたけど、これは鬱病鬱病と診断されている人のことが気にくわない人にはうってつけの言葉だね。そういう人らにとっては便利でいい言葉だろう。
記事では、本当に鬱で苦しんでいる人が、なりすましうつがいるために差別されるようになることを懸念しているというが、これ嘘じゃね?逆じゃね?差別を流布したがっているようにしか見えない。
なりすましうつなんていう言葉を出して、曖昧な判断基準でなりすましと本当を分けようだなんてナンセンス。しかも医者でもない物書きが、一般人のお前が懸念してどうする。まぁ鬱病の人は仕事のジャマだからウザいってことなんだろうけど。
これ書いた奴誰?早稲田の政治経済学術院 客員主任研究員?医者じゃないのか。じゃあ余計にあてになんねーな。
前々から思ってたけど、ダイヤモンドってろくなこと書いてない。こんなの読んでたら脳が腐るわ。