読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世捨て人の住む廃砦

統合失調症でぼっちである筆者のそれなりの生き方を模索するブログ。

『やがて君になる』を3巻まで読んだ感想

漫画
やがて君になる公式サイト
http://daioh.dengeki.com/taisho/yagate/


私は恋愛物の漫画(百合だけど)…というか、作品を自主的に追うのは初めてだ。普段は恋愛物全般に興味がないからね。

そんな私が、『やがて君になる』になぜ興味を持ったかというと、主人公が恋愛感情とかがまだ理解できないけど、理解したい人だからだ。
私も近いところがあるので、まずはそこから気になった。

内容を読むと、超めんどくさい性格・行動のキャラたちと、各キャラの複雑な心情によるストーリーが展開される。だがそこがいい。

キャラの心情・真意を理解しづらい所もあるけど、各キャラの心情を見るのが面白い。

ストレートで素直な恋愛物を期待すると、肩透かしを感じるだろう。
かなり曲者なストーリー展開なので。

逆に、各キャラの複雑な心理が見たい方、複雑なストーリーが好きな方にはいいかも。


『やがて君になる』の透明感のある絵も好きだ。
確か最初は絵に惹かれて、それからキャラ設定が目を引いたのが最初だったと思う。


これだけややこしい話が、どうなってしまうのか、今後の動向が気になる。


しかし、コミックスの発刊を待っていると、半年後とかになってしまうので、雑誌の方を買うことにした。
3巻は2016年11月号までの収録とのことだったので、2016年12月号と2017年1月号の電撃大王を買った。
12月号のページ数の少なさに悶絶。コミックス派の方にひびかないようにしているのかもしれないが…
あと毎月680円の出費は若干きついけど何とかなるだろう。