世捨て人の住む廃砦

統合失調症の筆者がそれなりの生き方を模索するブログ。

Twitterアカウントを開設した

このブログで使っている名前でTwitterアカウントを開設した。

このブログの右の一番下、画面をスクロールした先に5件の投稿を表示するようにしている。


発言は主に精神病に関してや就労移行支援の話が多くなるかも。
基本的にこのブログを読んでくれている方向けに書いている。

 

今は誰もフォローしていないけど、フォローしてくれる方がいたら私の基準でOKならフォロー返すのでよろしく。

 

リンク先は以下↓

twitter.com

伝統工芸の職人がブラックという話だが

西陣織の職人のTwitterでの発言が炎上したらしいけども。

 

住所が近かったら行きたかったかもしれない。
お金はもらえないとはいえ、ものになるかどうかにかかわらず、教えてはくれるんだから、家が近かったら、5年位は修行して様子を見てもいい気がした。

 

伝統工芸系の職人になるのもいいよなあ。
私は伝統工芸品は、物によっては好きなんだよね。
西陣織を検索したら、柄が凝ってて細かく、製作難易度がとても高そうだ。そしてきれいだと思う。

 

ただ、私のような30代半ばの障害者は、必要とされない気がする。
こういう職業は若い人を欲しがるものね。
それに障害者は差別されそうな気もする。これは憶測だけど。

 

ハロワで伝統工芸系の職を調べてみると、正社員ではなく、月給が安い。16万円ももらえないのはザラのようだ。
障害者雇用だとこれくらいで買い叩かれることも多いが、調べたのはあくまでも一般就労だ。
これでは普通は別の職を選ぶだろうし、人が来ないのも当然であろう。

 

 

話は少し変わるけど、伝統工芸は、後継者がいた所で、何でもかんでも残っていくわけではないと思っている。
滅びても仕方がない物もあるだろう。
今の技術や機械での製作のほうが優れていることもある。
それとも、優れている優れていないにかかわらず、残していくべきものなのか。私にはわからんなー
残したいなら、国がお金を補助するなりして、人を集めて、絶える前に人材を育てていくべきだろう。

 

職業には、いま現在、儲かる職業と、儲からない職業がある。
手工芸系は厳しいところにあるだろうな。

 

 

Vitaの、この世の果てで恋を唄う少女YU-NOの限定版を買った

まず、私は先日、PS4の「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」の通常版の初回版を買った。

 

このゲームは名前は知っていたものの、未プレイだった。まあ、1996年12月に、PC9801用の18禁ゲームとして発売され、PC98時代の後期のゲームだから当たり前ではあるのだが。私は発売当時は14歳だった。


そして発売から20年ほど経った最近、PS4PSVitaで、リメイクされたものが発売された。

 

初回版はPC98版がプレイできる、というので興味本位でPS4版を買ってリメイク版をプレイしてみたら、原曲、リメイクともに音楽がいい感じだった。リメイク版の音楽は、98版とリメイク版で切り替えができる。(PC98版は起動しただけで満足した)

 

なので、作中の音楽を収めたCDが付属している、PSVita版の限定版を買った。Vita版なのは、それしか売ってなかったし、CDの内容は同じはずなので。1万2千円程度と結構お高かったのだが、思い切って購入した。
今のところ、作中の音楽を聴く手段は、この限定版のCDか、Retro PC GAME MUSIC Streaming Radioさんというサイトしかない。
なので、限定版を買うことにした。
CDはハイレゾ版が中心の収録だったが、MP3でも収録してくれているので、iPod touchの私はそちらを入れた。


PS4版でゲームの方も、少しずつ続けているのだが、ちょうど物語が動き出した所で、面白そうだと思った。できればクリアまでいけるといいんだけども。
話のテンポが良いし、プレイヤーが飽きないようにも、うまく作られてるなという印象だ。
リメイク版の文章部分は、表示スピードの追加やボイス付きにはなっているが、手を入れていないだろうから、このテンポの良さは当時のままなのだろう。

 

yu-no.jp

 

 

 

 

最後に余談だが…
PC98などの音源が聴けるソフトのHootでも聴けるはずだが、Hoot Archivesのファイルは反応せず。自分でファイルをまとめて試そうにも、そのために必要なソフトがネットから消滅しているため、現在は実質無理となっている。